水戸市インバウンド推進機構

inbound

▲モニターツアー実施時の様子▲

 近年、円安や訪日ビザの取得要件緩和、格安航空会社の増加、クルーズ船の寄港数増などの理由により、日本を訪れる外国人観光客が年々増加しています。

 水戸観光コンベンション協会では、外国人観光客の受け入れ環境の整備や外国人観光客向けの観光メニューの創出、訪日観光PRなどを行い、水戸市への外国人観光客数を増やし、観光産業振興や地域経済活性化を目的として、「水戸市インバウンド推進機構(以下、「推進機構」という。)」を設立し、水戸市へ外国人観光客を呼び込むべく、誘客活動を行っています。

 現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、それまで増加傾向だった外国人観光客数も大幅に減少し、今後の見通しが読めない状況が続いていますが、推進機構では、「コロナ後」にまた外国人観光客が水戸を訪れることを見据えて、引き続き、地道なPR活動や受け入れ体制づくりを継続してまいります。

推進機構 ピックアップ情報

インバウンドオンラインセミナー「withコロナ時代の情報発信手法について」開催〈10/15〉

【ご案内】新型コロナウイルス感染症対策等を伝えるピクトグラムについて

【協会会員向け】インバウンド推進機構会員に加入しませんか。