水戸の梅大使

umetaishi

 時の移り変わりにつれて、長い間観梅の主役であった芸姑連(芸者)に代わって登場したのが、「水戸の梅むすめ」でした。
 もともと、昭和38年、初めて10人の梅むすめが選ばれたのは、芸姑に変わってお出迎えや園内の案内など、観梅期間中だけの、いわばサービス係として実験的に考えられたものです。今日のように世間から注目されて華々しく登場したわけではありませんでした。
 梅むすめの人気も次第に定着してまいりましたが、平成13年に男性でも応募が可能になり、名称も「水戸の梅大使」に変更になりました。