偕楽園 好文亭月釜

tsukigama

お知らせ

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、令和3年度の偕楽園「好文亭月釜」は中止といたします。

 偕楽園眼下に広がる千波湖、四季折々の美しい風景が楽しめる好文亭。
 由緒ある広間での格式高いお茶会をお気軽にお楽しみいただけます。

日時毎年度4月から2月まで 10:00~15:00(時間は都合により変更することがあります)
場所偕楽園 好文亭
呈茶料300円(偕楽園本園入園料、好文亭入館料別)
主催茶の湯ボランティア「拙誠会」
共催(一社)水戸観光コンベンション協会
お問い合わせ(一社)水戸観光コンベンション協会(TEL.029-224-0441)

開催日と担当流派

令和3年度

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、今年度の偕楽園「好文亭月釜」は中止といたします。

拙誠会(せっせいかい)について

 私ども拙誠会は、表千家・裏千家・江戸千家・遠州流・石州流と煎茶東阿部流の各流派の同好が集い、平成17年から好文亭内に於きまして「拙誠会」と命名して茨城県、水戸市関係機関のご理解・ご協力のもとボランティアで呈茶をいたしております。
 「拙誠会」とは、この偕楽園を創設した水戸藩第9代藩主徳川斉昭公自ら書かれた茶道に対する心構えを説いた「巧詐は拙誠に如かず(こうさはせっせいにしかず)」を出典にいたしております。茶室「何陋庵(かろうあん)」の寄付きに「茶説」と共々板額が掲げてございますので是非ご覧ください(景山は斉昭公の号、生前の行跡にちなんだ諡名は烈公)。
 「巧詐は拙誠に如かず」の意味は、茶の道や人生において「功詐」であるより「拙誠」である方が大切であると諭されております。「功詐」とは、うわべを取繕い、相手を偽って上手そうに見せる心無い行動のこと。「拙誠」とは、 見た目はつたなく不恰好、下手でも心が込った誠実な態度、行動のことで、必ずや相手の心に響き好感を持たれ爽やかな茶の湯になるはずです。
 私どもは、常にこのことを意識してお点前や日常生活においても行動したいとの思いをこめて「拙誠会」と銘し、月釜を掛けさせていただいております。

これまでのお菓子

2月「偕楽」

良質な梅の実を用い、馥郁たる梅香を引き出しながら梅肉ゼリーを創製し、やわらかな求肥で包みました。

1月「落雁」

お正月をイメージした紅白の落雁です。

12月「吹雪」

吹雪をイメージした白色が特徴の栗が入ったおまんじゅうです。

11月「水戸の梅」

小豆こし餡を求肥で包み、蜜漬けした紫蘇の葉でくるみました。

10月「栗満月」

満月のようなほくほくの栗を使用したおまんじゅうです。

9月「水戸の萩もなか」

両面を香ばしく焼いた特製の最中種で、当店特製のこし餡をはさみました。

8月「偕楽」

良質な梅の実を用い、馥郁たる梅香を引き出しながら梅肉ゼリーを創製し、やわらかな求肥で包みました。

7月「豆大福」

塩味のきいた豆大福。中にはこしあんが入っており、1口サイズで食べやすくなっています。

6月「あじさい」

求肥の生地で白あんを包み込み、色づけた錦玉を飾り付けあじさいを表しました。

5月「よもぎの笹もち」

茨城のまんげつもちによもぎをたっぷり入れ、練り上げたこしあんを包み、笹でくるみました。

4月「光國饅頭」

北海道十勝産の厳選された小豆を丹念にさらした特製のこし餡を、米の粉を主とした生地で包み、保存料等は一切使わず蒸し上げております。