茨城県護国神社

いばらきけんごこくじんじゃ

茨城県護国神社

茨城県護国神社

茨城県護国神社

 幕末から第二次世界大戦までの茨城県出身戦没者の霊が祀られています。偕楽園近くの桜山に位置し、桜の名所にもなっています。
 茨城県護国神社は明治11(1878)年に「鎮霊社」として常磐神社境内に祀られたことに始まり、昭和16(1941)年11月、常磐神社境内から現在地に移されるとともに茨城県護国神社に改称しました。昭和22(1947)年「桜山神社」と改称しますが、昭和29(1954)年に茨城県護国神社と復称、現在に至ります。
 現在は、隣接する「桜山」とともに桜の名所として知られており、見頃の時期は多くの人で賑わいます。

基本情報

住所 水戸市見川1-2-1
料金

無料

定休日

なし

アクセス
公共交通機関

水戸駅北口バスターミナル4番のりばから桜山経由バスで約15分、「桜山」下車、徒歩約5分
または、同6番のりばから千波湖経由バスで約10分、「千波湖」下車、徒歩約5分

常磐自動車道水戸ICから約20分

駐車場

あり

関連リンク

茨城県護国神社

お問い合わせ先

茨城県護国神社(TEL 029-241-4781)

新型コロナウイルス感染症の影響等により、営業時間の変更や臨時休業等している施設・店舗がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット