好文亭

こうぶんてい

好文亭外観

好文亭外観

好文亭と梅

好文亭と梅

好文亭外観
好文亭と梅

 偕楽園本園内に位置する、武士の風格漂う素朴で清雅な「好文亭」は、二層三階の好文亭本体と、その北につながる平屋建の奥御殿から成り、一般に全体を総称して好文亭と呼んでいます。偕楽園を創設した徳川斉昭公は、ここに文人墨客や家臣・領民を招き、養老や詩歌の宴を催しました。
 好文亭という名称は、梅の異名である「好文木」に由来しており、園内における建設位置から内外の意匠に至るまで、斉昭公が自ら定めたといわれており、各所から創意工夫と洒脱さを感じさせます。
 当初の建物は昭和20(1945)年の空襲により焼失し、現在見られる好文亭は、昭和30(1955)年から3年の期間を費やして復元されたものです。

お知らせ

 好文亭は、耐震補強工事に伴い、一部ご観覧いただけない部分がございます。詳細はこちらをご覧ください。

基本情報

住所 水戸市常磐町1-3-3 偕楽園本園内
営業時間

2月中旬~9月30日 9:00~17:00、10月1日~2月中旬 9:00~16:30
※時期により観覧時間が異なるほか、催事により変更となる場合があります。

料金

大人 200円(150円)、小人 100円(80円)、満70歳以上 100円(100円)
※(  )内は20名以上の団体料金
※偕楽園本園の入園料は別途必要です。また、料金は催事により変更となる場合があります。

定休日

12月29日~31日

関連リンク

日本三名園 偕楽園

お問い合わせ先

偕楽園公園センター(TEL.029-244-5454)
好文亭料金所(TEL.029-221-6570)

新型コロナウイルス感染症の影響により、臨時休業や営業時間の短縮等が実施されている場合がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット