光台寺

こうだいじ

光台寺

光台寺本堂

光台寺本堂

 正式には遍照山義宣院(へんしょうざん ぎぜんいん)光台寺という浄土宗の寺院で、佐竹義宣が天正11(1583)年水戸城西新本町(現在の栄町)に開基、雲雪上人が開山しました。その後寛文年中(1661年~1673年)に徳川光圀公の命で現在の地に移りました。現在残る本堂は、善随上人により明治44(1911)年に建てられたものです。
 この寺については、義僕甚内(ぎぼくじんない)が故人となった主人父子のため僧籍に入り一生その菩堤を弔ったという逸話が残されています。
 ここ光台寺は藤田家の堂域であり、過去帳に俗名藤田誠之進と東湖の諡があります。寺内には彰考館総裁吉弘菊潭(きくたん)、水府温古録の著者高倉逸斉、桜田烈士岡部三十郎、長谷善四郎の墓や明治の文豪菊池幽芳(ゆうほう)の墓があります。

基本情報

住所 水戸市上水戸3-1-39
料金

無料

定休日

なし

アクセス
公共交通機関

水戸駅北口バスターミナル7番のりばから末広町経由バスで約15分、「保和苑入口」下車、徒歩約3分

常磐自動車道水戸ICから約20分
または、水戸北スマートICから約10分

関連リンク

浄土宗 光台寺

お問い合わせ先

光台寺(TEL 029-221-4856)

新型コロナウイルス感染症の影響等により、営業時間の変更や臨時休業等している施設・店舗がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット