くれふしの里古墳公園

くれふしのさとこふんこうえん

くれふしの里古墳公園 はに丸タワー

くれふしの里古墳公園

くれふしの里古墳公園

 巨大埴輪「はに丸タワー」と復元された古墳群が目印の不思議空間「くれふしの里古墳公園」では、楽しく遊びながら古墳について学ぶことができます。
 この辺りは茨城県内でも有数の古墳密集地帯であり、公園内には修復された古墳がそのまま残されています。
 また、この公園は前方後円墳6基、帆立貝形前方後円墳1基、円墳9基の計16基もの古墳から構成されており、ごく狭い範囲に多数の前方後円墳が集中するユニークな古墳群として注目されています。
 シンボルのはに丸タワー(高さ17.3メートル)の上からは景色が楽しめるほか、春はお花見スポットとしても賑わいます。

基本情報

住所 水戸市牛伏町201-2外
営業時間

はに丸タワー
4月1日~9月30日 9:00~17:00、10月1日~3月31日 9:00~16:00

料金

無料

定休日

はに丸タワー 1月1日~3日

アクセス
公共交通機関

JR内原駅からタクシーで約10分

常磐自動車道水戸ICから約10分

駐車場

あり(大型バス可)

お問い合わせ先

水戸市埋蔵文化財センター(TEL 029-269-5090)

新型コロナウイルス感染症の影響等により、営業時間の変更や臨時休業等している施設・店舗がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット