台渡里官衙遺跡群(台渡里官衙遺跡・台渡里廃寺跡)

だいわたりかんがいせきぐん だいわたりかんがいせき・だいわたりはいじあと

台渡里官衙遺跡群

台渡里官衙遺跡群

 台渡里官衙遺跡群は、常陸の国那珂郡の郡衙とそれに関連する寺院の遺跡群です。北から台渡里官衙遺跡(長者山地区)、台渡里廃寺跡(観音堂山地区)、台渡里廃寺跡(南方地区)の三つの地区に分けられます。
 長者山地区は、常陸国那賀郡の郡衙の倉庫群(正倉院)であり、総瓦葺きの倉庫が整然と並んでいました。また、これらの倉庫群を囲む大小2つの溝跡も発見されており、その範囲は東西およそ300m、南北およそ200mにも及びます。
 観音堂山地区と南方地区は寺院遺跡であり、郡衙に関連する寺院であったと考えられています。そのうち観音堂山地区は、講堂・金堂・塔・中門などと推定される建物跡が見つかっており、寺院の創建は7世紀後半から末ごろと考えられています。しかし同寺院は、9世紀後半ごろに焼失したことが分かっており、その後、場所を変えてつくられたのが南方地区の遺跡とされています。

基本情報

住所 水戸市渡里町2909-1外(南方地区)、2973-1外(観音堂山地区)、3119外(長者山地区)
料金

無料

定休日

なし

アクセス
公共交通機関

JR水戸駅北口バスターミナル7番のりばから茨大前経由バス(渡里ゴルフセンター行きなど)で約25分、「台渡里」下車、徒歩約5分

常磐自動車道水戸ICから約20分
水戸北スマートICから約5分

駐車場

なし

お問い合わせ先

水戸市役所歴史文化財課(TEL 029-306-8132)

新型コロナウイルス感染症の影響等により、営業時間の変更や臨時休業等している施設・店舗がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット