水戸城跡

みとじょうあと

国内最大規模を誇る土造りの城

《大手門》城内で最も格式が高い、城の正門でした。土塁に取り付く城門としては国内最大級。令和2年に復元完成されました。

《二の丸角櫓》かつて二の丸の南西角に建てられていた二階建ての櫓で、令和3年に復元工事が完了しました。令和3年6月27日(日)から一般公開が始まる予定です。

《薬医門》水戸城唯一の現存建築物で、本丸の橋詰御門だったと考えられています。

《大シイ》

 水戸城は、北を那珂川、南を千波湖に挟まれた、日本最大級の土造りの城です。大規模な土塁とともに、城の西側の台地には五重の堀、東の低地には三重の堀をめぐらし、堅固な防衛線を築いていました。なお石垣構築の計画は何度かあったようですが、諸事情により築かれることはありませんでした。
 元は平安時代末から鎌倉時代初期に馬場氏の手により建てられた館に由来し、後に江戸氏、そして佐竹氏の手を経て、慶長14(1609)年、徳川頼房公が水戸に封じられるとともに水戸徳川家の居城となります。頼房公は三の丸や外堀の整備拡張を行い、二の丸に御殿を造営、併せて三階物見と呼ばれる櫓を建設しました。しかしこの三階物見は明和元(1764)年の火災で焼失、後に再建された際に屋根を銅瓦葺とし、天守らしく鯱を上げ三階櫓(御三階櫓)と呼びました。
 三階櫓は外観三層・内部五階の大型の櫓で、石垣がない代わりに一層目の下部を海鼠壁で覆い、あたかも石垣の上に建っているかのような姿を見せていました。昭和20(1945)年に戦災で焼失するまで水戸のシンボルとして親しまれました。
 現在では、土塁や堀、三の丸に作られた藩校弘道館や薬医門などが残り、かつての姿を偲ぶことができます。また、「大日本史」編纂事業が行われていた旧彰考館跡には、その記念碑とともに「二の丸展示館」が設置され、城跡からの出土品や水戸城に関する資料などを公開しています。
 現在、水戸城跡の整備計画が進んでおり、水戸城の正面玄関だった大手門や二の丸角櫓の復元をはじめ、「水戸学の道」沿いの白壁塀、南北の登城口「杉山門」、「柵町坂下門」のモニュメントなどが再生整備されました。

基本情報

住所 水戸市三の丸2-9-22(水戸二中・二の丸展示館所在地)
料金

無料

アクセス
公共交通機関

JR常磐線水戸駅北口から徒歩約10分

常磐自動車道水戸ICから約30分
北関東自動車道水戸南ICから約15分

駐車場

周辺駐車場を利用

お問い合わせ先

水戸市役所(TEL 029-224-1111)

備考
  • 水戸城大手門は、復元工事の完了に伴い通行可能となりましたが、車両は通行できませんのでご注意ください。
    自転車およびバイクは押し歩きにてお通りください。
  • 水戸城薬医門は、県立水戸一高の敷地内に建っていますので、見学の際はご留意ください。
    また、学校行事等によって見学できない場合がございます。

新型コロナウイルス感染症の影響等により、営業時間の変更や臨時休業等している施設・店舗がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット