笠原水道

かさはらすいどう

《浴徳泉の碑》

《逆川緑地》付近を流れる逆川逆川の両岸は緑地として整備されています。

 水戸藩第2代藩主徳川光圀公が、水戸下町(現在の下市地区)の給水難を解消するために整備した、総延長約10kmにも及ぶ上水道の水源地です。上水道としては日本国内で18番目に古く、寛文2(1662)年に工事が始まり、翌年に完成しました。
 敷地内には、当時水道管に用いられていた岩樋(復元)などが飾られた広場が設けられており、彰考館総裁を務めた藤田幽谷の「浴徳泉記」の碑が建っています。

基本情報

住所 水戸市笠原町993-1外
料金

無料

定休日

なし

アクセス
公共交通機関

JR水戸駅北口バスターミナル8番のりばから本郷・畑中・払沢循環/払沢・畑中・本郷循環バスで約20分、「メディカルセンター」下車、徒歩約5分

北関東自動車道水戸南ICから約15分

駐車場

無料駐車場あり

お問い合わせ先

水戸市役所(TEL 029-224-1111)

新型コロナウイルス感染症の影響等により、営業時間の変更や臨時休業等している施設・店舗がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット