水戸大師 六地蔵寺

みとだいし ろくじぞうじ

六地蔵

六地蔵寺と桜

六地蔵寺 しだれ桜

 水戸大師六地蔵寺は水戸藩第2代藩主徳川光圀公ゆかりの寺で、創建は大同2(807)年ごろといわれています。境内に残る法宝蔵は光圀公が建立しました。
 室町時代末期に建てられた四脚門は県文化財に指定されています。根来塗布薩盥4点は国指定文化財に、典籍1975冊・文書479通は県指定文化財となっています。
 墓地には、彰孝館総裁をつとめた立原翠軒や大日本史の完成に力を尽くした栗田寛の墓があります。また、樹齢200年の見事なシダレザクラは、光圀公が鑑賞した桜の子孫といわれており、桜の名所になっています。また、樹齢1,100年を越える大杉や800年の大銀杏もあり、静寂な景観がみられます。

基本情報

住所 水戸市六反田町767
営業時間

開門6:00 、閉門18:00(御堂・総受付は開扉8:30、閉扉16:00)
※時期により変更あり

料金

無料

定休日

なし

アクセス
公共交通機関

JR水戸駅北口バスターミナル3番のりばから東前または塩崎経由バスで約15分、「六地蔵入口」下車、徒歩約10分

北関東自動車道水戸南ICから約6分

駐車場

普通車220台(大型バス駐車スペースあり)

関連リンク

水戸大師六地蔵寺

お問い合わせ先

水戸大師六地蔵寺(TEL 029-269-2211)

新型コロナウイルス感染症の影響等により、営業時間の変更や臨時休業等している施設・店舗がございます。

マップ

前のページへ

同じカテゴリの観光スポット

同じエリアの観光スポット